ぴゅーもんブログ

カナダ生まれの日本育ち白イルカ(ベルーガ)のぬいぐるみぴゅーもんのブログです、ハワイにもいったよ〜(不定期のんびり更新)

早川博二の世界

作曲家にしてトランペット奏者でもある、早川博二氏ですが、詳細をあまり知りません。かかわった楽曲に気になり曲があるいったところなのです。先日、常盤響さん2011年5月17日深夜のレコ部にて『早川博二 / 青い目の人形』がかかってから更に気になりでしたので、何曲か集めてみました。
https://lh5.googleusercontent.com/-6paDpQ-cjuo/TdKkXz4HSQI/AAAAAAAAD0c/9mh7rbi7KLA/s640/%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252588%2525EF%2525BC%2525882011-05-18%2525201.37.06%2525EF%2525BC%252589.png

  • 暗い港のブルース / ザ・キングトーンズ
    作詞:なかにし礼。キングトーンズの歌声もよければ、イントロのタランペットもいいですね。オリジナルは1963年のフランク赤木さんのバージョン。これは、1971年のリバイバル。
  • 暗い港のブルース / モダン・プレイボーイズ
    早川さんご本人のトランペットによるバンドの演奏。
  • 暗い港のブルース / スプートニクス
    いっきょにギターサウンドになってしまいましたね。
  • 老人と子供のポルカ/ 左卜全とひまわりキティーズ
    子供の頃大好きだった、この曲も早川博二さんの作品だったのですね。しかも、この特徴ある歌詞の作詞までとは。
  • かもねぎ音頭 / 中川レオ
    作詞:吉岡オサム / 作曲:了 瑛頁 / 編曲:早川博二。かもねぎ音頭でガバチョのパーです。このトランペットの絡み方が歌謡曲なのです。
  • 知りたくないの / 菅原洋一
    作詞:ハワード・バーンズ "Howard Barnes"、日本語詞:なかにし礼、作曲:ドン・ロバートソン "Don Robertson"、編曲:早川博二。この曲もでしたか、そもそもカヴァー曲だったのですよね。プレスリーのバージョンとかもいいけど、これはこれで、しっかり歌謡曲。
  • 恋のメビウス / リッツ
    作詞:實川翔、久保田さちお/作曲:早川博二/編曲:ヴァージンVS。我々にとって嬉しいのは、このアニソンの作曲者であることでしょう。編曲がヴァージンVSといろいろな意味で嬉しい曲です。

よく、安レコで「魅惑のトランペット」とかのアルバムありますけど、けっこう早川さんとか参加されているのでしょうね、こんど探してみます。一番欲しいのはレコ部でかかった冒頭のアルバムですけどね。それにしても、「老人と子供のポルカ」は凄いな。


ダイヤモンド・ベスト 哀愁のトランペット ベスト
アーチスト: オムニバス
発売元: ユニバーサルJ
発売日: 2006/09/20
売上ランキング: 22796